症例紹介方

顔が腫れた?口の中にできもの?

目の下が腫れた。



目の下から膿がでたり、かさぶたができるのは皮膚病??

根尖膿瘍3
眼の下に赤く盛り上がる部分ができました。抗生物質の投与で一時的に引きますが、再発を繰り返します。
根尖膿瘍4
この子も再発を繰り返しています。この2例とも歯根の周囲の化膿が目の下に排膿下したしたことによる病気です。2例とも抜歯による治療で治りました。

目の下のかさぶたは皮膚病? 犬で、眼の下の付近に、かさぶた、脱毛、腫脹、疼痛、皮膚の潰瘍などが繰り返しおこる場合は、臼歯の根尖病巣が皮膚に及んでいる場合が多い様です。この病気は皮膚病と勘違いされやすいので注意が必要です。

口の中のできもの

MM
右上顎の歯肉から腫瘍が発生しました。悪性でした。
猫舌腫瘍
猫の舌の下から腫瘤が発生しました。悪性でした。

顔が腫れた?

感電
左頬が腫れて来院されました。感電により左唇がやけどを負い、その周囲が腫れました。
猫舌下悪性
左頬が腫れて来院されました。唾液腺の管が詰まる病気で腫れました。

顔が腫れる原因には、歯根周りの歯周病(混戦病巣)が一番多い原因です。他にもこのような外傷や唾液腺のトラブルや腫瘍などがあります。

正しい歯の

健康チェック

夜間診療

とだ動物病院の概要

〒135-0013
東京都江東区千田6-13
都営新宿線【住吉駅】 徒歩10分

アクセスMAPはこちら

ご予約はお電話で03-3699-6090

診療時間案内

診療時間 【9:00~12:00】
手術時間 【13:00~16:00】
診療時間 【16:00~19:00】
日曜日・祝日は午前が休診

※診療の受付は、終了時間の30分前です。
※診察は予約制です。学会参加などにより診察時間等が変更になる場合があります。


ページの先頭に戻る