症例紹介

  • 口が臭い

⑨重度歯周炎(ここをクリック)

《重度歯周炎》
犬猫は痛みを感じても表現しないで食事を食べることができるため、重度歯周炎になっても飼い主様はその痛みを理解しにくいようです。そのため、処置が遅れ、歯周病は悪化していきます。
症例1

上の写真は、重度歯周炎のヨーキーの右下顎です。見た目では下顎の骨折はわかりませんが、赤矢印のX線写真では、下顎が歯周病により溶けて病的に骨折をしているのが分かります。歯周病の歯は、汚れているだけに見えますが、よく見ると歯周ポケットから膿が出ており、歯がグラついたりしています。口臭がひどく、顎が折れて食べられない状態です。このヨーキーは、全部の歯を抜歯し、顎を手術で固定して治しました。重度歯周炎の治療は、一般の動物病院で行われているような抜歯では不十分です!ぐらついている歯を抜くだけでは、顎の骨の腐った部分を除去することができないため、せっかく抜歯しても歯周病は再度悪化していきます。抜歯の目的は、顎の骨が腐っているのを治し、顎と他の歯を守るためです。
ですから、専門的な歯科治療では、重度歯周炎の治療として次のような口腔外科手術を行います。歯肉と粘膜を切開し、歯周病を起こしている歯と歯の周りの腐った組織を削り取り、歯肉粘膜のフラップをつくり、抜歯した部分を縫合して閉じます
多くの歯を残し、犬や猫の負担を減らすためには、できるだけ早期に処置を行うことが重要です。

症例2
下の写真は、くしゃみをしたり鼻から膿が出ていて、歯みがきをすると出血していたミニチュアダックスフンドの左側の前臼歯にプロービングしている写真です。歯は見た目にはきれいですが、深い歯周ポケットができていました。

下はその歯の歯科X線写真です。赤い矢印に囲まれた部分の顎の骨が無くなっているのが分かります。
重度歯周炎のため上顎の骨が溶けて無くなり、鼻腔内(鼻の管)まで化膿が及んでいます。

その歯を抜歯し、歯根周囲の腐った組織を除去し、鼻腔内を洗浄後に歯肉フラップを形成して溶ける糸で縫合しました。多くの歯を失いましたが、くしゃみと鼻腔内の化膿は治まり、元気になりました。

症例3

それぞれの写真とX線写真を比べてみると、歯の無い部分(水色)の顎骨は正常ですが、歯周病の部分(黄色・赤色)は顎骨が腐り無くなってきているのが分かります。このまま放置すると顎が病的骨折を起こしてしまう場合も多く見られます。
下は治療3週間後の写真です。見た目も綺麗ですし、顎が折れる心配もありません。歯が無いとご飯を食べられないと思っている方もいますが、歯がなくても食事は普通にできます。

歯周病について詳しくご覧になりたい方は前の項目から『口が臭い』を選択し、『①歯周病とは』から順にご覧ください。