症例紹介

  • 口が臭い

⑦軽度歯周炎から中程度歯周炎(ここをクリック)

《軽度歯周炎から中程度歯周炎》
歯冠部のスケーリング(クリーニング)とルートプレーニング(歯周ポケットのクリーニング)・ポリッシング(研磨)を行います。必要に応じて、歯周外科処置(再生処置)も行います。歯と顎骨の間が壊れ始め、歯周ポケットが深くなっている状態です。
歯冠部(歯の見える部分)だけでなく歯周ポケットの中の歯垢歯石を除去し、歯周病を治す処置をします。
この段階であれば、歯を抜かずに治すことが可能です。さらに、歯周ポケットが深い場合には、専門的な処置である歯周外科処置や歯周歯周再生処置を行います。歯周外科処置(別の項を参照)とは、不良な歯肉を切開し、特殊な歯科器具(キュレットスケーラーや歯肉縁下用超音波スケーラーなど)を用いて歯周ポケット内の歯垢歯石を除去し、歯根表面や歯肉の不良不良物を除去します。
さらに、必要に応じて骨補填剤などの歯周ポケットを治す薬をその部分に詰めて、歯周再生処置(別の項を参照)を行うこともあります。

上記は犬の下顎の写真とX線写真です。矢印の部分は歯の周りの顎骨が腐って壊れ、無くなっているのが分かります。
歯周ポケット内の歯垢歯石・不良な歯肉の除去を行い、歯を残す処置をしています。