症例紹介

  • 口が臭い

⑥歯肉炎(ここをクリック)

上の写真は猫の歯肉炎の写真です。
歯肉炎とは歯周病の中でも歯肉が炎症を起こし腫れる病気です。
顎骨が壊れているわけではないので歯肉が腫れる原因をなくし、過剰な歯肉を切除する手術を行います。
手術後は自宅でのケアと、病院での定期的な処置が必要です。
歯肉炎を放っておくと歯周病菌が増殖し、歯周病へと進行していきますので、早期の治療が必要です。
下の写真は処置後の写真です。

下の写真は歯肉過形成という病気の処置前後の写真です。
歯肉が腫れて歯が見えなくなり、腫瘍のようにも見えます。
腫れた余分な歯肉を切除する処置を行いました。


歯肉切除の治療は以下のように行います。

歯周ポケットの深さを測り余分な歯肉を切除します。
下の写真のように盛り上がった歯肉の下は汚く、歯周病が進行しているのがわかります。