症例紹介

  • 歯が折れた

ボールを咬んで削れた

上の写真の犬は毎日ボールを咬み続けた結果、歯が削れてしまいました。歯髄が出てしまった場合は、歯科処置で治さなければ、歯根の奥(根尖)から腐っていきます(根尖周囲病巣)。削れすぎないように注意が必要です。

硬いものを咬んでいると、歯が折れたり削れたりしてしまいます。上の写真の場合は歯髄が露出していませんから、歯の表面をコーティングする処置を行いました。歯が折れたり削れたときの処置は、歯髄(歯の神経血管)が露出しているかしていないかで大きく分かれます。歯が折れて、歯髄が露出していない場合は、歯の見える部位だけを修復する処置を行えば歯を抜かずに治せます。 しかし歯髄が露出した場合は、出来るだけ早くに治さないと、その穴からバイ菌が歯髄に入り込み、歯髄を腐らせます。さらに放置すると、歯の根の先(根尖)から膿が周囲に及び、顎の骨を腐らせます。そうすると、その周りが膿のために腫れて来ます。犬や猫の場合、歯が折れたり削れたりしても明らかな痛みを訴えることが少なく、飼い主様が見落としやすいようです。
詳しくは別項目『歯が折れた』から各項目をご覧ください。