症例紹介

  • その他のお悩み

歯がない?

よく見ないとわかりませんが、歯の数が足りないことがあります。

写真のワンちゃんは、下顎の犬歯の後ろの歯が見えません。代わりに少し盛り上がって見えます。

x線を撮ると、そこに出ていなければいけない歯が、出られずに顎の骨の中で埋もれています。そればかりか周りの骨を溶かして、顎の骨が薄くなり、顎が病的に折れそうになっています。直ちに治療が必要です。
歯が足りないときにはレントゲンで確認する必要があります。歯がみられないとき(歯の数が足りないとき)には次の2通りがあります。一つは歯がもともとない場合。もう一つは歯が顎の中埋もれている場合があります。これを埋伏歯といいます。右のワンちゃんでは、右下顎の第1前臼歯が埋伏歯となり、顎の骨の一部が溶けてなくなっています。
この症例は、含歯性嚢胞の症例です。症状がないため、発見することが難しい症例です。動物病院でも見逃されやすいです。その部分のレントゲンを撮らないと分かりません。処置は難しいため、歯科専門医での治療が必要です。

歯科処置時の写真です。


右下顎第1,2,3前臼歯を抜去し、のう胞の壁を除去したところです。

埋もれていた歯とのう胞の壁を取り去ったあとのレントゲンです。
上の症例の処置中の写真です。 左の写真は埋伏歯と嚢胞壁を除去した写真とそのレントゲン写真です。 埋伏歯のあったまわりの周囲には骨がないことが分かります。”のう胞”には水の様なものがたまっており、大きな穴になっています。このままではすぐに下あごが折れてしまいます。

埋伏歯とその周囲ののう胞壁を除去した後、骨補填(こつほてん)剤をつめて、縫合しました。

このレントゲンでは、上記の空洞に骨に置き換わる骨補填剤が詰まっているのがみられます。
上記のままですと顎が弱く、ちょっとした衝撃で下顎が骨折(病的骨折)してしまいます。
上記の穴に骨に置き換わる骨補填材を詰め、縫合しました。術後約1ヶ月でふつうに使うことができます。ただし、再発が多いので、術後も再チェックが必要です。