症例紹介方

口が臭い、歯が汚れている

重度歯周炎

PD4
重度歯周炎の口です。ひどい口臭で、歯に沢山の歯石が沈着しています。見た目以上に重症で、顎の骨が腐って溶けています。
PD4xray
上顎の臼歯のレントゲン像です。歯の周りの骨が溶けて、歯が浮いているのがみられます。

重度歯周病。 見た目には汚れだけに見える場合も多いのですが、悪化している場合も多くみられます。よく見ると、歯周ポケットから膿がでたり、歯がぐらついたりしてきます。 一般的に口臭がひどく、犬や猫は相当不快な状態です。しかし、犬は痛みを感じてもなかなかそれを表現しないため、家の人が歯周病の痛みを理解することは難しい様です。 歯周ポケットが深くなり、歯根の周囲の骨などがますます腐って壊れてきます。前に述べた様に、歯だけの問題ではなく、眼下などの腫大、顎の骨髄炎、病的な顎の骨折、全身にバイ菌の影響が及びます。 この様な歯を抜歯せずに残そうと思うと、治療どころか、逆に悪化する場合があります。 痛い歯を残したり、腐った顎をそのままにするよりは、抜歯してきれいな口にしてあげる方が良い場合が多いです。 この段階の治療は、単純な抜歯ではなく、歯肉と粘膜を切開し、歯周病を起こしている歯根とその周りの腐った組織を削り取る様な口腔外科手術が必要になります。 かなりの大がかりな手術になり、手術時間も数時間に及ぶこともあります。出血も多く、手術による痛みも出やすくなります。また、全身へのバイ菌の影響も出るため、手術リスクも高くなります。料金も高額になります。 麻酔や手術のリスクを減らすため、十分に全身の検査を行います。また、術前から痛み止めを使用し、痛みをコントロールし、体への負担の少ない麻酔や手術方法を選びます。

中程度歯周炎、歯石は多いが、見た目よりは歯周病は進行していない



歯の見えるところはきれい、だけど、歯周病は進行している



目の下が腫れたり、かさぶたができるのは皮膚病?

根尖膿瘍2
昨日から急に右の目の下の頬が腫れたと来院しました。触ると痛がります。臼歯の歯根の周囲が化膿した病気です。治療には、①腐った歯髄を取り去り、その歯を残す治療と、②抜歯する治療法があります。
根尖膿瘍
この猫の左側が腫れています。眼の下が腫れています。左上顎犬歯が重度歯周炎になっており、歯根の周りが腐って、目の下まで腫れました。抜歯とその歯根首位有為の腐った骨を削り取る手術になりました。

目の下のかさぶたは皮膚病? それは歯根の先が歯周病になった病気(根尖病巣)かもしれません。他にも、腫瘍や皮膚病が考えられますが、犬で、眼の下の付近に、かさぶた、脱毛、腫脹、疼痛、皮膚の潰瘍などが繰り返しおこる場合は、臼歯の根尖病巣が皮膚に及んでいる場合が多くみられます。皮膚病と勘違いされやすい病気です。

歯肉炎

歯肉過形成前
歯肉が腫れて、歯が見えなくなっています。腫瘍の様に見えますが、この子は幸いに歯肉の過形成という歯肉の病気でした。
歯肉過形成後
左のわんちゃんの治療後の写真です。腫れた余分な歯肉を切除しました。定期的な処置と家庭でのケアが重要です。

歯周病のうち、歯肉炎は歯肉が腫れる病気です。歯の周りが壊れたわけではないので、歯肉が腫れる原因をなくし、過剰な歯肉を切除する手術を行います。 歯をなくす原因の一つである歯周炎の方が、より重大な病気です。

正しい歯の

健康チェック

夜間診療

とだ動物病院の概要

〒135-0013
東京都江東区千田6-13
都営新宿線【住吉駅】 徒歩10分

アクセスMAPはこちら

ご予約はお電話で03-3699-6090

診療時間案内

診療時間 【9:00~12:00】
手術時間 【13:00~16:00】
診療時間 【16:00~19:00】
日曜日・祝日は午前が休診

※診療の受付は、終了時間の30分前です。
※診察は予約制です。学会参加などにより診察時間等が変更になる場合があります。


ページの先頭に戻る