正しい歯のケアの仕方

歯の治療を行う前に予防を行いましょう!

動物の歯のことご存知でしょうか?

動物の歯科疾患の発生率はかなり高く、3歳以上の犬猫の約8割に歯周病が見られます。

問題は口臭がするだけではなく、歯垢内の細菌は口の中から全身に流れ、心臓病、腎臓病を引き起こすことが知られています。

よりよく生活するには歯周病コントロールが必要なのです。
家族の一員であるペットをしっかり管理してあげましょう。


うちの子がブラッシングをさせてくれない…

問題点

犬猫…非協力的(嫌がる、怒る)

家の方…習慣になっていない、面倒

小さい頃からブラッシングの習慣を付ければやらせてくれます。
ブラッシングは重要です。小犬の頃からの習慣化が必要です。
検診とともに歯のケアの仕方、しつけ方のアドバイスも行っております。お気軽にお尋ねください。


ブラッシングの仕方

基本

ご褒美(お散歩、食餌)の直前に行う。 出来るところから少しずつ行う。嫌がることはしない。はじめは無理に口を開かない。 喜んで出来るようにペースト等の好物を使う。 ブラッシングをやらせたら大げさにほめてからご褒美をあげる。 やらせなければ怒らないで、ご褒美中止し、後で再度トライ!

一番のポイント

犬・猫が楽しんでブラッシングできるようにすること♪
犬が喜ばないと、家の人はやりたがらないですよね


ステップ1

口を触る。
口をあけずに唇をめくるか、さわるだけで褒めてあげましょう。


ステップ2

歯に触る。
指に好物の味をつけて歯にさわり、褒めてあげましょう。


ステップ3

歯ブラシに慣らす。
歯ブラシやガーゼに歯磨きペーストや好物の味を付け、少しずつならしましょう。


ステップ4

切歯や犬歯からブラッシングを行い、徐々に全体に行います。


ブラッシングはもちろんですが、定期的な健診も大切です。
日頃のブラッシングでも取れなかった歯垢や歯石は定期健診で奇麗に落としましょう。
歯科疾患の予防を飼い主さんと私たちで協力して行いましょう。

間違ってませんか?そのデンタルケア

麻酔をかけない歯石取りの方が、負担が少なくて良い?

麻酔をかけない歯石取りは間違いです。見える部分をきれいにしても、歯と歯の間や、裏側、歯周ポケットの部分が処置できません。肝心な部分ができないのでは、きれいにする意味がありません。歯周病を改善出来ないばかりか、健康な部分まで傷つけることもありますから、大変危険です。やるべきではありません。鎮静や麻酔をかけて、正しく歯周病予防をすべきです。

口が臭くても元気食欲があるから病気ではない?

健康な口と歯は臭くありません。口が臭い場合は、歯周病などの歯と口の病気がある可能性が高いです。見えない部分に病気が隠れている可能性があります。しっかりと検査する必要があります。

歯科医による歯のケアがよい?

犬、猫、牛、馬、などの動物の治療は獣医師が行うことと法律で定められています。歯科医師がそれら動物に治療を行うことは法律違反です。

動物病院で歯石を取ってもらうのはどこでも同じ?

どこの動物病院でも歯石取りは行っているようです。しかし歯科の専門的なことはどこでも出来るわけではありません。高度な知識と、豊富な経験がない場合は、正しく評価して、正しく治療を行うことが難しい場合もあります。

歯をガーゼなどで磨けば十分か?

まだ歯周病になっていない初期には有効ですが、歯周病にまで進んだ場合は、病的な歯周ポケットのケアが出来ないため、不十分です。歯周病がある場合は、きちんと歯科を専門に行っている病院から指導を受けると良いでしょう。

犬には骨やひづめをあげるといい?

絶対に上げてはいけません。歯をきれいにする効果も少ない上に、歯を折ってしまう可能性が高いです。害があり、利益は少ないです。

乳歯は放っておけば抜ける?

乳歯は永久歯が萌出してくる前に抜け落ちるべきものです。つまり、永久歯が萌出した段階で残っていることは異常な状態です。ですから、抜け落ちるのを待っていると、永久歯は歯並びが悪くなっている場合があります。

汚れた歯は動物病院に連れて行くと抜かれる?

そのような重度の歯周病になってから、歯の処置を受けるのではなく、できるだけ、歯垢歯石がつき始めた初期の段階から、病院で歯石歯垢をとり、家庭でのデンタルケアを継続する方がよいでしょう。歯周病は進行すると抜歯しなければなりませんが、軽度から中程度の歯周病なら、抜かずに治せることが多いです。早めにクリーニングをすることがコツです。

年を取っている犬や猫は麻酔をかけて歯の処置をすると弱る?

処置や麻酔で体が弱ることはありません。確かに高齢の動物に麻酔をかけることは私どもにも不安はあります。しかし、体が弱ってきているからこそ、歯周病菌にも負け易くなり、歯周病はさらに進行していくことが多いようです。処置前には、麻酔をかけることを前提に全身の評価がかかせません。当院では、事前に全身を検査し、その子にあった麻酔方法を選択し、できるだけ負担の少ない麻酔で、短時間に処置を行えるシステムにしています。事前に飼い主様とご相談させていただき、動物の十分な検査を行ってから、できるだけ早期に処置をすることが重要なポイントです。

正しい歯の

健康チェック

夜間診療

とだ動物病院の概要

〒135-0013
東京都江東区千田6-13
都営新宿線【住吉駅】 徒歩10分

アクセスMAPはこちら

ご予約はお電話で03-3699-6090

診療時間案内

診療時間 【9:00~12:00】
手術時間 【13:00~16:00】
診療時間 【16:00~19:00】
日曜祝日(17:00~20:00)
(午前休診)

※診療の受付は、終了時間の30分前です。
※診察は予約制です。学会参加などにより診察時間等が変更になる場合があります。


ページの先頭に戻る